一番だからこそ

今まで考えられなかった人気の高い一等地が共同所有で低価格で投資対象になる

京都は昨年世界の行きたい旅行先のNO1になっています。現在でも観光客がふえて日本は昨年1000万人を超え観光客が世界の色々な方面から訪れています。世界一安全な日本とかインフラが発達移動時間が短時間ですみ、2020年には東京オリンピックが開催され関連して観光地として人気の高い京都が注目されています。そんな立地条件の京都とのため個人が不動産投資をするには相当な金額が必要になってきます。現在注目されているのは京都の賃貸アパート賃貸マンションの共同所有の投資で一口100万円200万円で長期に渡って家賃収入が得られ、またローンを完済すればその土地や建物の所有権が自分のものになり相続税の部分でも、生前贈与においては優遇されるようになります。

生前贈与で相続税対策につながり長期に渡って家賃収入確保

管理会社が長期的に修繕計画を念みつにたてて長期に渡って負担がかからないようにするステムを構築、オーナーは家賃を受け取るだけで安心して管理会社に運営を任せることができ、また相続税の部分でも生前贈与の現金で贈与するより、物件で贈与した場合では税金の納付額が大きく異なってきます。人気があり、これから人気が更に上る不動産投資に最適なエリアの不動産投資を小口で共同所有することで資金面でも、失敗した時のリスク面でも特に不動産投資の経験のない初心者にとっては、入りやすい投資になると思います。一番の魅力は個人で絶対に手が出せない人気の一等地が共同所有により所有することができ不動産投資の考え方が今までと異なり人気の高い一等地で投資ができるようになったことです。